仕事を効率化する「小さな習慣」とは!?

仕事をしている女性

とっておきの仕事術

すべての人に平等に与えられる24時間という時間の中で、いかに効率よく仕事をこなしていくかは、大変重要な問題です。
もしも成果の表れ方に大差が出るとしたら、ライバルに差をつけるための仕事術を身につけたいと思う人は多いはずです。

疲れ方にも差が出てきますから、特に体力の衰えを感じるようになった人やもともと体力に自信がないという人、いつまでたっても芽が出ずに困っている窓際族という人は必見です。
もちろん新社会人にも参考になる事は多いはずです。

とっておきの仕事術とは

とっておきの仕事術の1つは始業前の時間や早朝時間を有効活用する事です。
詳細はこちらのサイトも参考にしてみてくださいね。
>>仕事を効率良くこなすためのシンプルな13の習慣 | ライフハッカー

朝は1日のうちで最も頭が冴えている時間帯ですから、仕事もはかどります。
そして短時間集中する事を心がけ、だらだら過ごさないようにしましょう。
TODOリストを作ることで最優先順位を割り出し作業する項目を絞ることで効率が良くなります。

そして、優先順位が下がるメール・ブログ・facebookなど、どうでもいいけど外せない作業は時間を決めて集中的に処理しましょう。
その際、メール本文を3~4文以内で収める事で読み書きにかかる時間を短縮する事が大切です。
また、だらだらとしがちな会議は極力短時間で終わらせる事で有意義なものにできます。

雑事はどうしても起きてしまうものですが、可能な限りオートマチックもしくはネット利用にしてみましょう。
書類作成もPDFなどに電子化する事で管理がしやすくなります。
書類データを電子化することですっきりとできデスクの周辺の整理整頓もできるのです。

また、たまには環境を変えて仕事してみる事で集中力アップが期待できます。
そして息抜きや休憩を適宜入れる事は大切です。

いままでのアドバイスを理解したら、ここからが本番です。
順番はどうでもかまいません。
紹介した方法のうちで今すぐ実行可能なものから実践していき、ある程度習慣になってきたところで、できる限り長い作業時間を準備してください。

いざ実践、継続

いかがでしたか。
なんとなくどこかで聞いた事があるような内容ばかりだったはずです。
どの方法も大変シンプルですぐできそうなものばかりなのに、実際はできていない人が多い事に気づかされます。

できる限りすべてを実践および継続してみてください。
1年後は見違えるほどできる人になっているはずです。