遠距離恋愛の破局理由は…

遠距離恋愛の破局理由

「彼氏は北海道へ転勤、自分は東京に残って仕事」
「彼女が大阪の学校に、自分は東京の学校」

このように、遠距離恋愛がはじまってしまうというカップルは少なくありませんが、遠距離恋愛を始めてから、残念ながら別れてしまうというカップルも少なくありません。
その理由としては、遠距離恋愛先で新しい人が好きになった、会えない時間が増えたことで、どうしても好きな気持ちがなくなったなど様々な理由が挙げられますが…

実は、遠距離恋愛を始めてからのが、上手くいっているというカップルも多く、中には、遠距離恋愛をして何年も仲良くやっているというカップルもいるようです。
なので、遠距離恋愛をする=恋愛が失敗するというわけではないということを、頭に入れておきましょう。

遠距離の方が上手くいっていたなんてことも

遠距離恋愛をしたカップルによると、ほとんどのカップルは、「遠距離恋愛中はうまくいっていた」と答えるそうで、別れる原因にはなっていないという、予想外の答えがほとんどだったのだそうです。

では、遠距離恋愛中のカップルが別れてしまう原因となっているのは、いったいどのような部分が原因なのでしょうか?
多くの場合、「遠距離恋愛が終わって、一緒に暮らし始めたら別れた」「近距離恋愛になってから別れた」という予想外の答えが多く、近距離になったことで、今までのちょうど良い距離感がなくなり、お互いの嫌な面、束縛が表ざたになった結果、別れを決断するカップルが多いとのことです。

もちろん最初のうちは、今まで会えなかった分のさみしさを埋めるということもあって、上手くやっていける、熱々なカップルがほとんどなのだそうですが、近距離になってから一か月もすると、お互いの存在が近すぎてうっとうしく感じてしまい、別れを決意するというカップルが多いようです。

遠距離だからこそ見えていなかった部分が露呈するということも、別れに繋がる原因となっていると言えるでしょう。

近くなってから恋愛を成功させるためには

近距離恋愛になってからも二人仲良くいるためのポイントとしては、やはり、急に距離を近づけないということと、お互いへの配慮を忘れないということが挙げられます。
近距離になってごまかしがきかなくなった分、雑な対応をしてしまうと別れに繋がる原因となりかねませんので、遠距離の時と同じように、相手に対する気配りや配慮を忘れずに付き合っていくことが大切になると言えるでしょう。

また、急に距離を近づけすぎると破局の原因に繋がる恐れもありますので、会いたいのはわかりますが、少しずつリハビリを兼ねるつもりで、週に一度から会ったりするのがベストだと言えます。