高さ634メートル!スカイツリーを見に行こう!

東京スカイツリー

東京見物しよう

東京見物をするならスカイツリーははずせません。
またはずす人も多くはないはずですが、そもそもなぜにここまで高い鉄塔が必要だったかと言いますと、東京はご周知の通り東京タワーを始めとする超高層ビルが乱立する大都市です。
すると地上デジタル放送を開始する際に、これらのビルがじゃまをして、電波そのものが遮断されてしまう可能性が出てきたのです。

でずからすべての電波が交差するレベルを越える、超高層位置まで鉄塔を伸ばさなければなりませんでした。
その結果、ギネスブックにも掲載されるほどの世界最高の超高層テレビ塔が誕生したわけです。

日本のランドマーク、スカイツリーの魅力

今やスカイツリーは東京タワーに変わる日本のランドマークとして、世界に誇るものとなりました。
日本人に生まれたからには、スカイツリーを見ておかなければならないでしょう。
スカイツリーの最大の魅力はやはり展望台から一望できる東京の街です。

全長634メートルのうち展望回廊と呼ばれる第2展望台までが450メートル、展望デッキと呼ばれる第1展望台までが350メートルあります。
東京タワーで333メートルですから、どれだけ高いかがなんとなく想像できるはずです。
展望回廊は文字通りチューブ型をしていて、スカイツリーの高さを直に感じる事が出来ます。

展望デッキはレストランや各種ショップが入っているショッピング街です。
足下がガラス張りになっていて地上を見下ろせるところもあります。

スカイツリーでコミュニティーを開く

ここ数年各地で地域作り、街作り、地域活性化がさかんに言われるようになりました。
それに伴いコミュニティースペースも次々と建立されていますが、スカイツリーは日本のランドマークとしてコミュニティー拠点として地域とも連携しながら人と地球に優しいコミュニティーをめざしています。

その実、スカイツリーを使った、ファッション・アートなど多方面における様々なイベントが開催されています。
オススメはスカイツリーから見下ろす初日の出鑑賞は圧巻です。
毎年自閉症ディーには青色に染まります。

東京は見所満載

時間と場所を変えて眺めると、スカイツリーの建築デザイン美を堪能できます。
スカイツリー周辺には、スカイアリーナやすみだ水族館、東京ソラマチなどの観光名所が立ち並んでいますから、ついでに巡ってみると新たな発見があります。

1日では巡りきれない魅力満載のスカイツリーまでの行き方は航空・新幹線・バス・マイカーと各種ありますから、お好きな方法を選んでください。
1日プランと宿泊プラントが準備されていますから状況に合わせて検索してみてください。